ロシア連邦の日本中古車輸入税と制限

ロシア連邦の日本中古車輸入税と制限

ロシア連邦の日本中古車輸入税と制限

 

年の制限
最大 5歳
宛先ポート
サンクトペテルブルク
出荷期間
RoRo(03〜05日)
出荷スケジュール
RoRo(毎週)
船会社
---
検査
検査不要

 

行き先港

ウラジオストク港、コルサコフ港、マガダン港、サンクトペテルブルク港とノヴォロシースク港国の港です。

 

右手ドライブ

右手ドライブ 乗り物国内で許可されていますそしてまた輸入右ハンドル車は許可されています。

 

年齢制限

5歳以上の車両その国への輸入は許可されていません。

ロシアへの輸入2.7倍に増えました今年の上半期。からの報告ロシア連邦税関外国車の輸入は言う215.2000車まで増加しています。自動車の輸入そして他の車にロシアは高価ですしかし、しばしば米国にとって不可欠そこでビジネスをしている会社。以来昨年7月に多額の関税が課された、輸入関税と消費税の合計車両合計値の100パーセントを超える可能性があります。

認定外国企業そして外国人ロシア在住、ただし、多くの場合は免除されます。これらの免除を利用することは容易ではありません。輸入要件は複雑で分かりにくいものです。関連する関税規制にアクセスするのは難しいことが多い、そして執行はしばしば依存する個人の気分に関する詳細法律よりも役人。

 

必要書類

  • 商業送り状

  • 税関申告書

  • 単一管理文書(SAD)

 

一時車両の輸入

一時輸入乗り物、その一時的な使用1年を超えて延長されました、部分輸入減税をお楽しみください。そのような場合、関税3パーセント車両の総費用の毎月評価されます。この目的のための総費用元の商品の価格にすべての輸入税を加えたものです。高度な評価3ヶ月まで必要とされるかもしれません。車両が再輸出された場合、これらの料金は返却されません。

売れば、毎月の支払い済み料金販売時までに含まれるもの輸入税で査定。ロシアに輸入された自動車への貢献として企業の認定資本外国投資と付加価値税が免除されますfまたは1年後企業登録の瞬間から。

 

個人用車両の輸入

恒久的にロシアに移動する個人他の国からの免税1台の車両の輸入関税から、を除く新車1,800立方センチメートル以上のエンジンサイズで。海外の居住者は免除されます輸入関税から一時輸入用1台の車両の1年を超えないように、個人用または輸入者家族の一員による使用。

ロシア連邦の永住者6ヶ月以上海外に滞在する人中断することなく1台の車両を輸入する資格があります輸入税を払うことなく、エンジンサイズの新車を除く1,800立方センチメートル以上。個人は提供するべきです税関職員税関申告付きそれは車の小売りの費用を含んでいます。

見込み輸入者また準備する必要があります小売コストを認証します。そうでなければ税関職員コストを自分で評価します価格情報に基づくロシアの税関によって維持されています。

 

義務そして税金

  • 輸入税としての自動車の価値の25パーセント。

  • 付加価値税(VAT)は、自動車の価値の20パーセントです。

 

ロシア連邦で人気中古車販売

 

NOTE: This text is machine translated. For accuracy, please refer to the english page.

 

Share post