イタリアの日本中古車輸入税と制限

イタリアの日本中古車輸入税と制限

イタリアの日本中古車輸入税と制限

 

年の制限
---
宛先ポート
サヴォーナ、ラ・スペツィア
出荷期間
コンテナ(27〜34日)
出荷スケジュール
コンテナ(毎週)
船会社
アジャンジアマリッティマルナビ
検査
点検不要

 

行き先港

イタリアの主要な港はサヴォーナ、ラ・スペツィア、そしてリボルノです。

 

左手ドライブ

イタリアでは、輸入することが好ましい乗り物を操縦しながら左ハンド側

 

車両登録に必要な書類

  • からのキャンセルの証明交通管制機関母国で。

  • 車両の原本とコピー登録証認定イタリア語翻訳と一緒に。

  • の原本とコピー路面性認定イタリア語翻訳と一緒に証明書。

  • 登録依頼フォームTT2119

  • 技術仕様書(イタリア人が外からイタリアに帰国するEUはテクニカルシートの作成を免除されています)。

 

免税輸入

  • If the 輸入者自動車を1年以上所有している、車両の輸入は免税です。イタリアで輸入された免税車最低1年間販売するべきではありません。
  • イタリア人でない人は、自動車を免税で輸入することができます。あればの証明所有権少なくとも1年間の使用は原産地証明書によって取得されます。1年未満で所有されている自動車は販売することができません、イタリア到着後1年間貸与または処分
  • 、それから彼らは居住を証明しなければなりません18か月以上海外でそしてその車が少なくとも6ヶ月間所有しています。

 

通関手続きに必要な書類

  • パスポートのコピーまたはテレプレッソ(外交官)

  • イタリア語を返すイタリアの財政コードのコピーを提供するべきです

  • クライアントの名前の元のタイトルと登録の証明書、公証人によるイタリア語訳

  • オリジナルコマーシャル/請求書を購入する

  • 運転免許証と国際保険ポリシー(グリーンカード)

  • テクニカルデータシート-メーカーから、自動車の特徴と適合宣言EUの要件を満たす

  • 保険証券-イタリアでの流通に有効

指定された文書はオリジナルであるべきです、公証されたコピーは受け入れられません。通関手続き中は、クライアントのプレゼンスが必要です。

 

車両登録

車両を登録するには、彼らが合法的に居住していることを証明する必要があるイタリアでそして所有する。車が使われる場合、それは合格する必要があります検査登録される前に。車は従うべきですイタリアの安全基準と技術基準。イタリアでは、基本的に以下の規則が適用されます。車が6ヶ月以上経過している場合そして6,000キロメートル以上マイレージカウンター、使用済みと見なされます。イタリアで輸入された車は到着後6ヶ月以内に登録する地元の国で市民のモータリゼーション(自動車)公共車両登録簿と同様に。

イタリア運輸省によると、以下はイタリアで外国車を登録する資格があります

  • イタリア人(海外に住んでいても)

  • イタリアに公邸を持つ外国人

 

義務そして税金

  • 関税-車両価値の11パーセント

  • VAT-車両価値の21パーセント

 

イタリアで人気中古車販売

 

NOTE: This text is machine translated. For accuracy, please refer to the english page.

 

Share post