ドイツの日本中古車輸入税と制限

ドイツの日本中古車輸入税と制限

ドイツの日本中古車輸入税と制限

 

年の制限
---
宛先ポート
ブレーマーハーフェン
出荷期間
RoRo(24〜34日)
出荷スケジュール
RoRo(毎月)
船会社
行き先港、ハンブルクスッドライン、ハパッグロイド
検査
TUV

 

行き先港

ドイツの主要な港はハンブルクとブレーマーハーフェンです。

 

左ハンドル車

の輸入左ハンドル車国で許可されています。

 

検査

テクニカル検査((リサーチフォーカス車、一般的な 'TUV')ドイツで輸入された車両には必須です。

国内で自動車を登録するときは、技術検査証明書が必要です。

 

必要書類

  • パスポートまたは他の身分証明書のコピー

  • 住民登録の確認

  • タイトルと登録の証明書のコピー

  • 所有権の証明-請求書、商業送り状所有者が6ヶ月以内に所有している車両には必須

  • 保険証-原産国から

  • 輸出許可

  • オリジナル車両登録用紙

  • 第三者賠償責任保険-通関手続きで開始されます

  • 車両の証明が安全性を完全に達成し、路面検査排出ガス管理試験

 

ドイツの課税

  • 関税と税金中古車義務を含むCIFの12パーセントとCIFの16パーセントのVATとなります。

  • ドイツで登録されているすべての自動車特別な自動車税(道路税)がかかります。最初の支払いは車両登録後すぐに支払われなければなりません。

 

以下の条件が満たされる場合には、関税の免除が与えられます。

  • 輸入者少なくとも1年間、欧州連合(EU)の外に住んでいたに違いありません。

  • 車両はEU圏外で購入する必要がありますそして輸入の前に少なくとも6か月間運転した。

  • 輸入者はドイツの登録市民でなければなりません。

  • この車両は個人使用のみを目的としています。

  • 輸入者は車両を保管しなければならない輸入後少なくとも1年間。

輸入車の運転は許可されていますホームナンバープレート付き輸入した場合は登録一時的な基準のための車両、すなわち12ヶ月までの期間。ドイツ語翻訳版の登録書類が必要です。長期間滞在している場合、それから車両は地元の車両登録事務所に登録されなければなりません。

 

ドイツで人気中古車販売

 

車両登録に必要な書類

  • 身分証明書とパスポートなどの居住地、住民票登録証。

  • 通関証明書(ゾルベスチャイニング)支払いの免除または免除(Unbedenklichkeitsbescheinigung)関連する税金。

  • 賠償責任保険の証明

  • TUV証明書

  • 保険の確認

 

NOTE: This text is machine translated. For accuracy, please refer to the english page.

 

Share post