フランスの日本中古車輸入税と制限

フランスの日本中古車輸入税と制限

フランスの日本中古車輸入税と制限

 

年の制限
---
宛先ポート
FOS-SUR-MERとLE Havre
出荷期間
RoRo(24〜34日)
出荷スケジュール
RoRo(毎月)
船会社
ZIM総合配送サービス会社、CMA CGM
検査
点検不要

 

行き先港

出荷用の港乗り物フランスにはルアーブルとマルセイユがあります。

 

左ハンドル車

左ハンドル車が使用され、また国への輸入である場合もあります。

 

自動車の輸入に必要な書類

  • アイデンティティ証明

  • レジデンスプルーフ(財産権の行使、賃貸契約、光熱費、保険証)。

  • 外国人登録証明書のコピー。

  • 適合性の証明のコピー製造元またはその代理店によって発行されます。
  • 購入証明書のコピー通関証明書センターデインポット発行。

  • フレンチコントロール技術(技術テスト済み)車が4歳以上であれば証明書、これは起こったに違いない過去6か月以内(2回の訪問または再テストが必要な場合)。

申請者は記入する必要があります宣言を回覧する(分配宣言)車両に関する追加情報のフォーム。報告書はDREALに送付されます、メールで通知を送ります車両を提示する時期DREALテストセンターでの試験用。
テストに合格したら、DREALは承認書を発行します。承認の声明を取ります、グレーカードと新しい登録番号地元の都道府県またはスース県へ。残っているのは新しいナンバープレートを持つことです作って装着。

 

フランスの税

  • 輸入税関自動車5〜17パーセント

  • VAT(CIF +輸入税関)x 19.6パーセント

  • 登録料1馬力あたり34ユーロ(10年以上前の車の半額)

  • エコスーパーチャージ

車両が6ヶ月未満の場合または6,000km(3,728mi)未満をカバーしている、VATは請求書の価格に基づいて計算されます、それ以外の場合、年齢に応じて削減が行われます、そしてVATは残高に対して支払われます。

VATと一緒に、車両が輸入されたときEU外から、関税は車に払わなければなりません。他のEU加盟国から輸入された自動車に対する義務はありません、ただし、輸入者購入および登録文書を作成します。勤務率はによって異なります原産国とフランスでの自動車の価値

輸入者がVATを支払った後またはVATが未払いであることを確認した、輸入者は税関証明書を受け取ります(税関証明書846A)。それは輸入業者がフランスで車を登録することを可能にします。内に車両を登録する必要があります輸入の3ヶ月。

 

非EU諸国からの中古車の輸入

フランスで中古車を輸入している間、個人的な使用のために輸入された中古車には、一切の義務は課されません、すべての関税料金と税金支払期日は原産国で支払われます。プラス車両は属している必要があります6ヶ月以上の期間輸入業者に、そして彼らは外に住んでいた少なくとも1年間はEU。VAT、関税は車に払わなければなりませんEU外からの輸入。

 

車両登録に必要な書類

  • アイデンティティ証明パスポート、デカールまたはフランスの運転免許証。

  • レジデンスプルーフ最近の光熱費(EDFまたはフランステレコム)または領収書、住宅証書または住宅保険の書類。

  • 完成した証明書登録(登録証明書)、登録証は県から入手可能です、スース県、メリーまたは警察。

  • 行政管理上の証明(証明書管理状況)売り手によって提供された。

  • 証明書割り当ての(譲渡証明書と販売証明書)前の所有者から。

  • 前の所有者の登録文書、でマーク消えないインク「売り切れ...」または「譲ります...」販売日と前の所有者の署名適切な場合、ディーラーはスタンプを押します。

  • 車が4歳以上であれば、コントロール技術(技術検査)証明書が必要です6ヶ月以上経過してはいけません、または車の点検が要求されれば2か月。

 

フランスで外国車を登録する前に証明書の証明書の取得と受け取り(登録証明書)文書、輸入された中古車フランスの道路基準と一致する必要があります。プロセスは製造元によって異なります、車両の年齢と原産国。

 

フランスで人気中古車販売

 

NOTE: This text is machine translated. For accuracy, please refer to the english page.

 

Share post