オーストリアの日本中古車輸入税と制限

オーストリアの日本中古車輸入税と制限

オーストリアの日本中古車輸入税と制限

 

年の制限
---
宛先ポート
ウィーン
出荷期間
コンテナ(34〜41日)
出荷スケジュール
コンテナ(毎週)
船会社
地中海運送会社
検査
---

 

行き先港

オーストリアの主要な港はウィーン港です。

 

左ハンドル車

の輸入左ハンドル車国で許可されています。

 

必要書類

  • パスポートと国際運転免許証

  • タイトル証明書と登録

  • コマーシャル/購入請求書

  • グルンドラゲンベシャイト-評価基準の通知、原産地の税関で申請する必要があります

  • 地元の警察署からの入国証明書

  • オーストリアのナンバープレート-申し込みはすぐに完了しなければなりません、原産国のプレートも利用可能でなければなりません

  • 雇用主からの手紙少なくとも1年間の海外滞在期間。

 

第三国から自動車を輸入する場合、あなたは以下を完了しなければなりませんドキュメンテーションと通関手続き

  • 価値の証明(支払い確認を伴う請求書、購入契約書)。

  • T1受託品(車両に付属の資料境界を横切る点から目的の税関に、フォームZa 58a)。

  • 輸入申告(通関手続き、フォームZa 58a)。

  • 必要に応じて、優先出所の証明優先を確保するために関税率(EUR1の移動証明書または宣言6,000ユーロの値の請求書の原産地)。

 

下記税関義務支払われる

  • 自動車の価値に対する10パーセントの義務(乗用車その他自動車明白に製造された乗客の輸送用)任務限度まで評価されます(購入代金配送料EUの外国境に)。

  • 特定の第三国から輸入されている自動車用(例えばスイスそしてノルウェー)、関税は提供されません優先起源の証明を提供することができます。

  • 20パーセントの輸入売上高税に基づいて評価されます目的地までの自由な自動車の価値(購入代金+配送料+関税額)

  • 標準消費税(NoVA)、自動車が免許を受けている場合は、これを支払う必要があります所有者の居住地にある地方税務署で。

 

関税と税金

オーストリアの輸入車は関税と税金の対象となります。ただし、免税および免税車両の輸入、の輸入者6か月間自動車を所有しそして使用したにちがいない。車は売れない、1年間処分または譲渡。

という別の税「ノルヴェルブラフサッガベ」(NOVA)または標準消費税を支払う必要があります(車の価値の16パーセントまで)種類によって異なります、車の年齢そして力車両登録時。NOVAの額の20%の付加価値税も同様に支払われる必要があります。

あなたが車を輸入したいならば、注意オーストリアからは法定規定を遵守する必要がありますそしてあなたは特に注意を払うようにしなければならない関連する手続きに標準消費税で(NormverbrauchsabgabeまたはNoVA)。

 

オーストリアで人気中古車販売

 

NOTE: This text is machine translated. For accuracy, please refer to the english page.

 

Share post