グレナダの日本中古車輸入税と制限

グレナダの日本中古車輸入税と制限

グレナダの日本中古車輸入税と制限

 

年齢制限なし
宛先ポート
セントジョージの
出荷期間
RoRo(24〜39日)
出荷スケジュール
RoRo(毎月)
船会社
---
検査
検査不要

 

配送ポート

車両出荷用ポートグレナダの聖ジョージのそしてグレンビル。特になし検査に必須です中古車グレナダに輸入。

 

右ハンドル車

自動車の輸入ステアリング付グレナダでは右側が許可されています。

 

港湾整理に必要な書類

コマーシャル/購入請求書が車種、メーカー、重量を決定します。

  • 関税額EC$(該当する場合は記入してください)

  • 関税番号

  • 請求書

  • 保険証明書

  • 輸入ライセンス

  • 価値宣言フォーム

  • タイトル証明書と登録

注請求書がない場合は、車両は様式C22で審査することができる。

 

中古車に対する税金

  • 1。環境賦課金

中古車(1〜4歳)-2%

中古車(5歳以上)-30%

中古トラック

  • 1〜10トン5%
  • 10〜20トン10%
  • 20トン以上20%

  • 2。カスタマーサービス料5パーセントのCSCが輸入中古車に課されますその国に。

  • 3。共通外部関税(CET)それは5パーセント - 40パーセントの範囲保険料によりますそして輸入された車の貨物価値。

  • 4。付加価値税(VAT)提案されているVATは15パーセントの標準レートの場合。

 

帰国者

グレナディアン国民居住している人海外で7年間継続して決定しました永久にグレナダに戻る帰国者として見なされています。

  • 車両は輸入可能または公認の販売店から現地で購入自動車ディーラー。対象となる帰国者1台の自動車の輸入が許可されています(新品または中古)CET、VAT、ETは無料です。

  • 車両は輸入されなければならない申請者が居住した国からグレナダに戻る直前に過去7年間継続して居住した。

  • その税関サービスに注意してください6パーセントの支払いが必要です。さらに、環境税が適用されます(新品または中古)。

  • 車は3年後に販売されないかもしれません関税の支払い(残余業務)

  • されている一般国民継続的に海外に住んでいる7年後に戻ることにしましたグレナダへの恒久的な基準での車両の輸入資格。

 

適格性の証明

  • 有効なパスポート

  • 国籍の証明-(パスポート、出生証明書など)

  • グレナダへの片道チケット

  • 最後のところからの引退状が働いた

  • 年金レター

 

関税と税金

  • 税関サービス料-5%の環境税-2000ドル年齢に関係なく
  • 輸入者は、関税の免除が認められた後、以下の条件を遵守するものとします。

  • 輸入者売れない、貸します、交換または他の方法で処分期間内の車両の支払いなしで3年間該当する義務

  • 輸入者は許可されています3年後に車を販売する関税の支払いなしで(残余義務)。

  • 帰国者が去った場合ある期間の国半年以内それから税関の長官車両の保管について知らされている必要があります。

  • 帰国者が去った場合グレナダ連続期間6ヶ月以上、それからすべての適当な義務すぐに全額支払われます。税関長が決定する特別な事情を除きます。

 

注意契約のいずれかの条項に違反した場合、その後、長官が予約します車両をつかむ権利ペナルティを受けやすい該当する職務の全額の保留中の支払い。

 

中古車のトップセラーグレナダ

 

NOTE: This text is machine translated. For accuracy, please refer to the english page.

 

Share post